プログラマの代替しにくさと女性の位置づけ

プログラマは、ソフトウェアやシステム等の開発現場においてコーディングを行って実際に動くプログラムを構築するという仕事を担います。
膨大な量のコードを用いて一つのプログラムを作り上げることから、その全体像を把握することは他者には容易ではなく、その開発を担っていた本人でなければ完全な理解は難しいという面があります。
そのため、プログラマは一度開発を始めてしまうと、他人で代替する必要が生じると生産性が大きく低下するということが特徴になっています。

そのため、企業としては職場を離れるリスクが高い人材は、重要なプロジェクトに参入させにくいという傾向があります。
その影響を受けやすいのが女性であり、育児や出産によって現場を離れられてしまうとプロジェクトの進行が滞ってしまうリスクがあります。
特に有能な女性であって、その人の書いているプログラムが実用に向けた最も有力な候補となっていた場合に、その人が離職するともなれば企業としては大損害になってしまうのです。
別のプログラマにそのコードの解読をして理解をさせていると生産性が大きく低下することになるからです。

こういった点から若い女性の参入は少ない傾向があり、実際に仕事に携わっていてもサポート的な位置づけとなっているのが一般的です。もともとIT業界に技術者として参入する女性の絶対数も少なく、離職率も高いことからそういった位置づけが広まってしまっているのでしょう。
ただ、スキルさえ取得していれば、他の職業に比べて出産や育児後の復職もしやすく、女性エンジニアとしての仕事も探しやすいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です